サムサラ・ロゴ

真珠

真珠の美しさは『ツヤ』と『テリ』。『ツヤ』は表面の輝きで『テリ』は真珠の内側からのピンクやグリーンの干渉色で、この2つが相まって真珠の美しさが生まれます。
当店の取り扱う美しい『ツヤ』と『テリ』の真珠を、ぜひお客様ご自身の目でご覧になってください。

真珠のメンテナンス

真珠を美しくを保つには正しいメンテナンスが必要です。
真珠をつけた後はよく拭きましょう。表面についた汚れや汗が化学変化を起こし、美しい真珠の表面を犯して白っぽく(白濁)なり、真珠の美しさを損ねます。

汚れによる化学変化の影響が出ない、3年ごとのプロによるクリーニングが理想的です。ネックレスの場合は糸を外して隅々まで丁寧にクリーニングします。
このプロによるクリーニングだけで、長い間、真珠の美しさを維持できます。

傷んだ真珠の再生

傷んだすべての真珠が再生できるのではないため、ご相談ください。
ここではほんの少しだけその方法をご紹介します。

①真珠層を1層だけ(0.3ミクロン(3/10,000 mm))研磨して仕上げます。
  ご安心ください。真珠の大きさを測る『パールゲージ』で計っても違いは出ません。
  機械で研磨するのが一般的ですが、当店では機械ブラシの傷を嫌い、『匠の技』の手仕事で
  研磨します。
  また、一般には研磨後にワックスで磨いて仕上げをしますが、当店での研磨は磨き傷が無い
  のでワックスで磨く必要がありませんので、撥水仕上げのみ行います。

②究極のメンテナンス、100年真珠(私が名付けました!)

長年使用した真珠

 

100年真珠